top of page

Fan Group

Public·99 members

√{昌平vs青森山田ライブ}【公式!!LIVE放送】{{青森山田vs昌平ライブ配信}}第102回全国高等学校サッカー選手権大会 ライブ放送 ライ ブ配信 放送 生放送 生中継~(2024年1月4日)


1月4日、第102回全国高校サッカー選手権の準々決勝第1試合が浦和駒場スタジアムで行われ、青森山田(青森)と昌平(埼玉)が激突する。


高校サッカー選手権、準々決勝の全試合をプレビュー 個性のあるチームがそろった8強第102回全国高校サッカー選手権大会はついにベスト8が出そろった。波乱あり、順当な勝ち上がりありと、かなり個性のあるチームがそろった準々決勝4試合をプレビューしていきたい。 選手権・8強ランキング(スポナビアプリ限定) 選手権・注目選手ランキング(スポナビアプリ限定) [日程]高校サッカー選手権・準々決勝 ※リンク先は外部サイトの場合があります 名古屋vs.市立船橋(4日12:05~)  名古屋vs.市立船橋はプレミアリーグEAST所属の名門に、初出場ベスト8の快挙を成し遂げたニューカマーが挑むという図式となった。市船は清水エスパルス内定の絶対的なエースストライカー・郡司璃来が1回戦の高川学園戦でハットトリックを達成。エンジン全開のエースにけん引されるように2年生FW久保原心優が果敢な前線からのチェイシングやポストプレーを見せるなど、2トップの連係と破壊力は全国トップレベルだ。  名古屋の5バックがいかにこの2トップに起点を作らせないかが1つのポイントになるが、名古屋としては共にスピードが武器の原康介、仲井蓮人、小川怜起の前線の3枚が守勢に回る中でカウンターを狙えるかも金星をつかむ重要な要素となる。  今年の市船は左の内川遼、右の佐藤凛音の両サイドバックがチームの肝となっている。共に運動量、フィジカル、高さに秀でており、守備面では1対1の強さ、シュートブロックのうまさがあり、攻撃面ではスピード、テクニック、シュートセンスの三拍子をそろえる屈指のタレント。だが、彼らが上がった裏のスペースを狙ってくるチームが多いのも事実で、名古屋には全国数多のスピードアタッカーの中でもトップレベルのスピードを誇る原がいる。今大会で猛威を振るっている原のスピードアタックを、宮川瑛光と五来凌空の不動のCBコンビがいかにカバーして食い止められるか。この攻防も目が離せない。 [チーム情報]市立船橋(千葉) [チーム情報]名古屋(愛知) [選手情報]郡司璃来(市立船橋) ※リンク先は外部サイトの場合があります 青森山田vs.昌平(4日12:05~)  青森山田vs.昌平の一戦は準々決勝最大の好カードだ。同じプレミアリーグEASTに所属し、今季の対戦成績は青森山田の1勝1分け。前期は青森山田が攻撃を爆発させて5-1の圧勝を収めているが、後期は昌平が2点をリードして迎えた終了間際に青森山田が執念の2ゴールを奪ってドローという大接戦で終わった。  共に手の内を知り尽くしている同士の対決だけに、接戦が予想される。ポイントとなるのは昌平の1トップ、小田晄平の屈強なフィジカルを生かした突破とポストプレーを、青森山田の不動のCBコンビである山本虎と小泉佳絃が封じながら、2列目から湧き出てくる土谷飛雅、長準喜らのドリブルもフィニッシュワークもうまいアタッカーに対処できるか。青森山田にとってはこのラインを分断することで、相手のボランチの裏にできたスペースをFW米谷壮史のポストワークとボランチの芝田玲の個人技を中心に有効活用して鋭いカウンターを繰り出せる。昌平はそうさせないように全体のラインを高くして、前向きなセカンド回収をすることで2次、3次攻撃を繰り出せるか。  さらに両チームには途中から流れを変えられる存在がたくさんいることも特徴だ。青森山田はプレミアEASTでは主軸を張っていたボランチ谷川勇獅、屈強なフィジカルを誇るFW津島巧らがより前への圧力を加えていく。昌平は3試合連続劇的弾でチームを何度も救ってきたルーキー・長璃喜が究極のジョーカー。さらにうまさと馬力を兼ね備えた2年生FW鄭志錫も小田とスタートで2トップを組んでもよし、小田と交代で1トップに入ってよしと、相手によって使い分けられる。両チーム監督のスタメン選び、交代策が運命を変えていく。第102回全国高校サッカー選手権大会3回戦の8試合が2日、首都圏各地で行われた。  前回大会王者の岡山学芸館(岡山)と、初出場で快進撃を続ける名古屋(愛知)の一戦は、試合終了間際に岡山学芸館が追いついてPK戦に突入するも、そのPK戦を制した名古屋が準決勝に進出。前回大会王者を退け、ベスト8に名を連ねた。その準々決勝では、星稜(石川)に4-1で勝利した市立船橋(千葉) と対戦する。  一方、選手権の“常連校”青森山田は、名古屋同様、初出場ながら静岡学園(静岡)を下して3回戦に駒を進めた広島国際学院(広島)に7-0で大勝。2試合連続で1年戦MFが終盤にゴールを挙げる劇的な展開で勝ち上がってきた昌平(埼玉)とベスト4の座をかけて激突する。  その他、U-17日本代表FW名和田我空が決勝点を挙げて神戸弘陵学園(兵庫)との激闘を2-1で制した神村学園(鹿児島) は、“夏の王者”明秀日立をPK戦の末に退けた近江(滋賀)と準々決勝で対戦。堀越(東京A)は1-0で明桜(秋田) に競り勝ち、富山第一(富山)に大勝した佐賀東(佐賀)と国立行きの切符をかけて争うことになった。第102回全国高校サッカー選手権は4日、さいたま市の浦和駒場スタジアムなどで準々決勝を行う。2大会ぶり4度目の優勝を狙う青森山田の攻撃をけん引する青森市出身のFW米谷壮史(3年)は2試合で4ゴールを挙げ、得点ランキング1位タイ。高校でスピード不足の課題と向き合い、左足のシュート力も身に付け、不動のエースに成長した。準々決勝の4カードが確定! 国立切符を懸けて青森山田vs昌平が雌雄を決する。初出場で快進撃の名古屋は超名門・市立船橋に挑戦!【選手権】 1月2日、第102回全国高校サッカー選手権の3回戦が首都圏8会場で開催。青森山田、市立船橋、昌平、神村学園などベスト8が出揃い、1月4日に行なわれる準々決勝に駒を進めた。  国立競技場への切符を懸けたバトル。やはり大注目はプレミアリーグEAST同士の対決となる青森山田vs昌平だ。ゴールラッシュを続けて勝ち進む前者と、苦しみながらも強敵をなぎ倒してきた後者の対決は80分間を通して高次元となるはずだ。名門・市立船橋と初出場・名古屋の顔合わせも興味深い。快進撃の新鋭校が高校サッカー屈指の相手とどう渡り合うのか。  タレント軍団の神村学園は堅守自慢で勝負強さが際立つ近江と対戦。ともに攻撃サッカーが自慢の堀越と佐賀東の一戦も見応えがあり、娯楽性に富んだゲームとなりそうだ。  準々決勝の全対戦カードは以下の通り。 【1月4日/準々決勝組み合わせ】 [柏の葉会場] 市立船橋(千葉)vs名古屋(愛知) 佐賀東(佐賀)vs堀越(東京A) [駒場会場] 昌平(埼玉)vs青森山田(青森) 近江(滋賀)vs神村学園(鹿児島) 3回戦の試合結果と準々決勝の対戦カードは以下の通り。 ■3回戦・試合結果 岡山学芸館(岡山) 1-1(PK:5-6) 名古屋(愛知) 市立船橋(千葉) 4-1 星稜(石川) 青森山田(青森) 7-0 広島国際学院(広島) 昌平(埼玉) 2-2(PK:5-4) 大津(熊本) 神村学園(鹿児島) 2-1 神戸弘陵学園(兵庫) 明秀日立(茨城) 1-1(PK:2-4) 近江(滋賀) 明桜(秋田) 0-1 堀越(東京A) 佐賀東(佐賀) 5-1 富山第一(富山) ■準々決勝・対戦カード 名古屋 vs 市立船橋 青森山田 vs 昌平 神村学園 vs 近江 堀越 vs 佐賀東e


About

Welcome to the group! You can connect with other members, ge...

Members

bottom of page